スポンサードリンク
私も愛用している一押しの腰痛サポーターがこれ!

2007年07月25日

腰痛サポーター

重い荷物を持つときなどに腰痛予防・保護にバックサポートベルト
商品名:重い荷物を持つときなどに腰痛予防・保護にバックサポートベルト MDP-918L

価格:¥4935
(税込み) <送料別> カード利用可

商品詳細:
腰に負担のかかる立ち作業や無理な姿勢での長時間作業、 重い荷物を扱う作業など、腰痛予防、保護のために開発されました。 ●伸縮自在で軽量 ●肌にやさしいメッシュ地 ●簡単で確実に装着できる二段締めで快適です。 全長1120mmタイプ
ショップ名:プロ工具にDIY モンジュSHOP

楽天で購入する
★モバイルの方はこちらから楽天で購入!

Powerd by 楽っぺ&あまにゃん

 【関連商品】
カレオリング(18K)テレビ放映後人気殺到の為、ご発送までに1週間ほど頂きます【ゲルマニウムブレスレット】黒の同サイズ2本組み1セット消費税、送料、代引料込5800円ゲルマニウム高含有プレミアムタイプのブレスレットがお客様の声から遂に商品化!5125:波動共鳴ペンダント アディオイフ(アディオ・イフ)秦運動具工業 (HATAS) 液晶アクセサリー(液晶タイプ エンブレム) DK-26
posted by 腰痛サポーター at 16:53| 腰痛サポーター

2006年09月27日

お勧め腰痛サポーター

しゃがんでものを取ろうとした際に腰をぐきっとやってしまい。

色々な整骨院を転々とする毎日でした。。。

あらゆるコルセットなども試しましたが、日常生活を

普通に送らせてくれるにはいたりませんでした。。。


そんなときに友人に勧められたのがこれ!!!

美腰!!!!!!!腰痛サポーター!!!!

これは本当にすごいです。めちゃくちゃ薄いので、うすいパンツの

上からはいても全く問題ないし、しっかり固定されている。

通気性もいいし、ずれることもない!!!!!


さらに、たったの6000円でした。。。なんでこんなに安いんだろう・・・


友人とこの美腰を作成したメーカーは知り合いらしく、

京都の工場で一点一点丁寧に作っているそうで、在庫が切れると

何ヶ月も次の発売にはかかるそうです。

実物を見ると、職人の丁寧さが伝わります。


腰痛に悩んでいる方はぜひ!かなりお勧めです。

腰痛サポーター








posted by 腰痛サポーター at 10:27| 腰痛サポーター

運動による腰痛予防

筋肉が原因の緊張製腰痛に対しては、腰の筋肉である腹筋と背筋を鍛えればよい。長時間同じ姿勢で過ごす事の多い人は、運動や体操で腰痛予防を心掛けることが望ましい。

体の前屈 これは背筋とスネの裏側の筋肉のストレッチになる。できる範囲での前屈で良いが、膝は曲げないこと。

背筋の訓練 両手で両膝を抱え、できるだけ胸に引き付ける。足先を開いたほうが楽にできるはず。引き付けは無理のない範囲で。

腹筋訓練 上半身を起こす運動だが膝を曲げて行うのがポイント。足先を固定しても構わない。腰痛のある人は頭を持ち上げるだけにする。

背筋の強化運動 うつ伏せから上半身を起こして胸を反らせる。既に腰痛のある人は頭を持ち上げるだけにする。


さらに、予防策として、腰痛サポーターを着用することをお勧めします。



posted by 腰痛サポーター at 10:26| 腰痛サポーター

腰痛とは?

腰痛には筋肉由来の緊張製腰痛と、鈍い痛みを伴う慢性の腰痛がある。

筋肉を原因とした緊張製腰痛は長時間同じ姿勢を続けるなど、過度なストレスを強いられ筋肉が緊張することで引き起こされる腰痛である。筋肉などにストレスが掛けられることで、常に交感神経が優勢になり活発化し緊張を強いられた結果、余計な他の筋肉などに力が入る。すると崩れたバランスを調節しようと腰の筋肉に負担が大きくなり、腰痛が発生する。

慢性型腰痛は、腰に日常的に継続した鈍い痛みのあるものである。



腰痛がおきやすい生活習慣

同じ姿勢を取る時間が長い
一日のうち長時間(2〜3時間)運転する
一日のうち座っている時間が長い
脚を組んで椅子に座るクセがある
姿勢が悪く片方の肩だけが肩コリがする
足に合わない靴を無理をして履いている
運動不足である (腹筋が弱すぎる、腹筋に比べて背筋が弱い)
などが考えられる。



急な腰痛への対処


ぎっくり腰のような、急に激しい痛みがきたときの対処法として、最初に患部を冷やすことが肝心である。これは、急激に痛みの物質が患部にでてくることを抑える為である。 次に、痛みが楽な姿勢を取る。大抵は痛みが強く仰向けにはなることができない筈であり、横向きの姿勢で膝を曲げた状態で腰痛の痛みをやり過ごす。その後、滞った血液の流れを良くするため患部を温めるようにする。

以上の方法でも痛みが継続するようであれば病院で診察してもらうこと。 腰痛には、例えば終板障害のように民間療法では治せない重大な症状が潜んでいることもあり、神経を圧迫する腰痛の場合は痛み以外に痺れが伴うため、しびれを自覚すれば急ぎ整形外科で診察を受けること。

腰痛は慢性化させないように普段から心掛けておくことが大切であり、生活習慣を分析し原因を遠ざけ、改善することが必要である。


posted by 腰痛サポーター at 10:26| 腰痛サポーター